健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

オールカラー家庭の医学

ウルトラ図解 ぜんそく

咳ぜんそくから、重症ぜんそく・COPD まで

足立 満 (国際医療福祉大学臨床医学研究センター教授 山王病院アレルギー内科)

発行日:2015年8月24日

定価:本体1500円+税

A5判 160ページ オールカラー

ISBN:9784865131673

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

しつこく続いている咳症状はありませんか?
現在成人のぜんそく患者が増えています。
ぜんそくはアレルギー疾患ですが、気管支の炎症で状態が悪くなると、ちょっとした刺激でもぜんそく発作が引き起こされるようになります。発作が起きるとさらに気管支の状態が悪くなり、症状は悪化していきます。
ぜんそくは放置すると悪化してCOPD(慢性閉塞性肺疾患)など別の病気を増悪させたり、命にかかわることもある怖い病気ですが、医療機関で適切な治療を受け、生活環境を改善することで症状を抑え、気管支の状態を改善することもできます。
本書はオールカラーの豊富な図解で、ぜんそくの基礎知識、治療法、日常生活の工夫を紹介します。また合併すると怖いCOPD についても解説しました。

◆ 監修 ◆
足立 満(あだち みつる)
1971 年昭和大学医学部卒業後、同大学医学部第一内科学入局。
山梨赤十字病院内科部長、昭和大学医学部第一内科専任講師、昭和大学医学部内科学講座呼吸器・アレルギー内科教授を経て、2012 年より現職。この間、1989 年から1 年間、ロンドン大学Royal Postgraduate Medical School 臨床薬理学教室に留学。専門は臨床アレルギー学、呼吸器病学、とくに気管支ぜんそくの病態生理・治療。

目次

序章 咳とぜんそく
その咳は本当にかぜですか?
第1 章 ぜんそくの種類と症状
ぜんそくは気道に炎症が起きている病気
第2 章 ぜんそくの診断と治療
ぜんそくの検査と診断基準
第3 章 COPD(慢性閉塞性肺疾患)
高齢者に多いCOPD
第4 章 発作を起こさない生活
自分の悪化原因を知ろう など

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。