健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

病気や障害をもった人を在宅で支えるための 医療連携と実践ノウハウ

在宅医療 多職種連携ハンドブック

すべての在宅医療者必携

佐々木 淳(医療法人社団悠翔会理事長・診療部長)

発行日:2016年4月

定価:本体2700円+税

B5判変形 352ページ 2色刷

ISBN:9784865132120

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

地域の最前線で活躍中の現場のエキスパート多数執筆!
すぐに実践できるノウハウ満載!
認知症患者は将来的には800 万人、65 歳以上の25%、80歳以上で50%の時代がやってきます。従来型の医療システムでは、この状況には対応できません。
今こそ多職種が連携し、「最期まで住み慣れた地域で生活すること」を支えるための仕組みづくりが必要です。
本書は、そのために必要とされる知識と実践方法を網羅し、日々ハンドブックとして活用されることを目的として編集されています。

◆ 監 修 ◆
佐々木 淳(ささき・じゅん)
筑波大学・東京大学大学院から三井記念病院、東大附属病院を経て、2006 年に在宅医療を専門とする悠翔会を開設。
ここでは9ヵ所の診療拠点で24時間対応の在宅診療を提供している。

編集 医療法人社団悠翔会

目次

第1章 在宅医療のコンセプト
在宅医療のコンセプトと使命/幸福な療養生活を実現するために/尊厳ある生が実現する社会へ/「療養の山」を理解する/療養生活全体をプロジェクト化する/家族の介護力をアセスメントする/幸福の処方箋を書くという使命/「どう生きたいのか」を支える/重要な本人・家族の「主体性」 他

第2章 在宅医療に必要な知識と理解
低栄養の病態/サルコペニアの概念/フレイルティ/リハビリテーションと栄養管理/認知症高齢者への食支援/排泄ケア/排便管理の支援/感染対策/認知症治療/臨床倫理/がん性疼痛の治療の実際/呼吸困難感への対応 他

第3章 在宅医療を活用する
在宅医療(訪問診療)とは/訪問診療(定期診療)/在宅での診察/薬の処方/経過に応じたアドバイス/在宅医療機器の管理支援/施設での訪問診療/緊急対応/入院・退院~病院連携の実際/多職種連携の実際/看取り援助 他

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。