健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

心コロコロ 介護のこころ

苦しかったり、つらかったり……尽きることのない介護の悩みに、なかよし僧侶兄妹が仏さまの教えを通じて心をホッと楽にしてくれます!

川村妙慶(執筆)、川村寿法(執筆)

発行日:2009年12月25日

定価:本体1200円+税

B6 176頁 2色刷

ISBN:978-4-87954-782-8

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

私たちの心は、気分によってコロコロと転がっていきます。
仏教では、その「喜怒哀楽」によって転がる不安定な心をコントロールするのではなく、むしろ転がってしまう「私の心」とあらためて向き合うことを教えてくださいます。
本書は、介護の専門的な技術書ではありません。介護にまつわる、みなさんの「心」がテーマです。
みなさんは、介護を辛くて苦しいもの、と誤解していませんか?
介護の時間は、親と自分と周りの人の心を見つめなおす大切な時間なのですよ。
川村妙慶(かわむらみょうけい) /執筆
僧侶 アナウンサー
川村寿法(かわむらじゅほう) /執筆
僧侶 一人語り演劇家・脚本家
西蓮寺住職

目次

はじめに (川村妙慶)

第一章 介護する人=大変でかわいそう?!
 Q.どうしたら介護を受ける人に優しくできますか?
 Q.どうして女ばかりが介護をしなくてはいけないのですか?
 Q.排泄物の臭いが我慢できません。
 Q.介護疲れで、いつもイライラしてしまいます。

第二章 介護される人=仕方ないとあきらめないで
 Q.家族に役にたたない存在だと思うとつらいです。
 Q.失敗ばかりして、家族に叱られます。
 Q.周りの人に怒鳴り散らしてしまいます。
 Q.「食事が食べづらい」と家族に言えません。

◇コラム 面倒を見るということ

第三章 男性の介護=できることからやってみよう
 Q.急に母が倒れ、目の前が真っ暗です。
 Q.夫や息子が祖母の介護を手伝ってくれません。
 Q.介護疲れしてダウンした妻を、どうやって支えていいかわかりません。
 Q.一生懸命世話をしているのに、義理の母と衝突ばかりしてしまいます。

第四章 一人で抱え込まないで
 Q.要介護者に生活のすべてをあわせなければならなく、今後の生活が不安です。
 Q.介護疲れで、何をしても、何をみても楽しいことがありません。
 Q.ストレスを発散する場所も時間もありません。

◇コラム 介護をさせていただくということ

第五章 大切な介護の時間
 Q.明るい気持ちで介護をするにはどうしたらいいですか?
 Q.親を見てイライラします。私は冷淡なのでしょうか?
 Q.介護疲れで、夫婦喧嘩が絶えません。
 Q.介護について漠然とした不安に襲われています。
 Q.介護を受ける人は、本当に不幸なのですか?

おわりに (川村寿法)

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30〜19:30(土日・祝日は8:30〜18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。