法研の定期刊行誌

株式会社法研

週刊社会保障バックナンバー一覧

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

国  会 ▼衆院予算委員会は2月14日、政治資金問題等に関する集中審議を実施。質疑のなかで加藤こども政策担当相は、子ども・子育て支援金制度の加入者1人当たり拠出額について、2026年度は300円弱、27年度は400円弱となる粗い試算を説明(P.19) 社会保障全般 ▼厚労省・働き方の・・・
発行:2024年2月26日
定価:本体1190円+税

ニュース速報 中医協・答申(2月14日) 中医協が総会で、2024年度診療報酬改定案をまとめ、武見厚労相に答申。医療従事者の賃上げ等のため、初・再診料と入院基本料等を引き上げる(次号詳報)。 国  会 ▼衆参本会議は1月26日、両院議長が各常任委員会等の委員長を指名。衆院厚労委員長に・・・
発行:2024年2月19日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼衆参本会議は1月30日、岸田首相の施政方針演説など政府4演説を聴取。岸田首相は、子ども・子育て支援の抜本的強化の財源について、徹底した歳出改革等によって確保することを原則に、「国民に実質的な負担が生じないこととしている」と強調(P.16) 社会保障全般 ▼労政審は1月30・・・
発行:2024年2月12日
定価:本体1050円+税

社会保障全般 ▼諮問会議は1月22日、内閣府がまとめた中長期の経済財政に関する試算(2024年1月試算)をもとに議論。成長実現ケースでも25年度のPBは△1.1兆円程度の赤字が残る一方、26年度以降は黒字となる見通し(P.19) ▼自民・「こども・若者」輝く未来創造本部は1月25日、こ・・・
発行:2024年2月5日
定価:本体1050円+税

医療・医療保険 ▼政府・認知症と向き合う「幸齢社会」実現会議は12月25日、「とりまとめ」を決定。岸田首相は、「とりまとめ」の内容を認知症施策推進基本計画に反映する考えを示す(P.19) ▼厚労省は12月28日、2021年度「医療費の地域差分析」(確報)を公表。国民医療費の1人当たり年・・・
発行:2024年1月29日
定価:本体1050円+税

社会保障全般 ▼社人研は12月22日、「日本の地域別将来推計人口(2023年推計)」を公表。都道府県別では、2050年の総人口は東京都を除く46道府県で20年を下回る。65歳以上人口が総人口に占める割合は、50年に25道県で40%超え(P.44) ▼人口戦略会議は1月9日、「人口ビジョ・・・
発行:2024年1月22日
定価:本体1120円+税

厚生労働行政 ▼政府は1月1日、石川県能登地方で同日16時10分頃に最大震度7の地震が発生したことを受け、直ちに特定災害対策本部を設置(その後、非常災害対策本部に格上げ)。厚労省も災害対策本部を設置し、被害状況の把握、支援等に取り組んでいる(P.20) 社会保障全般 ▼諮問会議は12月2・・・
発行:2024年1月15日
定価:本体1050円+税

新春特別号 新春特別インタビュー 武見 敬三 厚生労働大臣 国民が安心して暮らせる全世代型社会保障を構築 特別企画 国民への情報提供とDX推進で効率的・効果的な医療を提供 ─「医薬品の適正使用」を考える─ 新春論壇 全世代型社会保障の課題と展望 東洋大学教授 伊奈川 秀和 ・・・
発行:2024年1月1日
定価:本体1260円+税

ニュース速報 厚労・財務大臣折衝(12月20日) 武見厚労相と鈴木財務相が予算折衝で合意。2024年度診療報酬本体は改定率+0.88%、薬価等は△1.00%、介護報酬は+1.59%。長期収載品の保険給付は選定療養を24年10月より導入。介護保険の利用者負担2割の判断基準見直しについては、・・・
発行:2023年12月25日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼衆院厚労委は12月6日、参院厚労委は同7日、一般質疑を実施。衆院厚労委で武見厚労相は、「マイナ保険証は、わが国の医療制度をデジタル化させる最大の眼目」と強調。なお、臨時国会は同13日に閉会。2023年度補正予算が成立したほか、厚労省関係では大麻取締法等一部改正法が成立(P.1・・・
発行:2023年12月18日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼参院予算委は11月29日、2023年度補正予算案について採決し、与党等の賛成多数で可決。補正予算案は同日の参院本会議で可決、成立。一般会計歳出総額は13兆1992億円、厚労省補正予算の追加額は1兆4151億円(P.16) 社会保障全般 ▼同友会は11月22日、「こども・子・・・
発行:2023年12月11日
定価:本体1050円+税

社会保障全般 ▼日商・東商は11月20日、提言「社会構造の変化に対応した持続可能な社会保障制度の構築に向けて」を公表。一定以上所得は年齢に関わらず窓口負担を3割へ段階的に引き上げること、高齢者医療拠出金の拠出負担割合の上限設定の検討等を提言(P.13) 医療・医療保険 ▼国保中央会な・・・
発行:2023年12月4日
定価:本体1050円+税

社会保障全般 ▼自民・厚労部会は11月16日、厚労省から2024年度予算編成過程の主要課題、厚労関係税制改正要望について説明を聴取し、意見交換。武見厚労相は、「トリプル同時改定が最大の課題」との考えを示す(P.18) ▼財政審は11月20日、「令和6年度予算の編成等に関する建議」をまと・・・
発行:2023年11月27日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼衆参厚労委は11月8、9日、武見厚労相の所信的あいさつに対して質疑。2024年度診療報酬等の同時改定について武見厚労相は、全産業の賃上げや物価高騰への対応、新興感染症等の有事に備えた体制整備の必要性を指摘し、対応を検討する考えを示す(P.22) 社会保障全般 ▼諮問会議は・・・
発行:2023年11月20日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼衆院予算委は10月27、30日、参院予算委は同31日、11月1日、基本的質疑を実施。岸田首相は、少子化対策の財源について、「支援金制度」の創設で社会保険料の負担率が増加しないように制度を構築することを強調。新藤全世代型社会保障改革担当相は、支援金の総額を歳出改革等による社会保・・・
発行:2023年11月13日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼衆院本会議は10月24、25日、参院本会議は同25、26日、岸田首相の所信表明演説に対する各党代表質問を実施。岸田首相は、消費税率の引下げを否定するとともに、社会保険料の減免について「慎重な検討が必要」との考えを提示(P.18) 社会保障全般 ▼政府は10月20日、閣議で・・・
発行:2023年11月6日
定価:本体1050円+税

国  会 ▼第212回臨時国会が10月20日に召集。会期は12月13日までの55日間。同23日、衆参本会議は岸田首相から所信表明演説を聴取。岸田首相は、「国民負担率の上昇に歯止めをかけるためにも、所得の増加を先行させ、税負担や社会保障負担の抑制に重きを置いて経済財政運営を行う」と表明(P・・・
発行:2023年10月30日
定価:本体1050円+税

厚生労働行政 ▼武見厚労相は10月13日、専門誌記者クラブの共同記者会見に臨み、就任の抱負や今後の課題等を語った。マイナ保険証については、医療DXの加速に向け、まずは国民の信頼回復に努め、その利点を理解してもらう必要性を強調。全世代型社会保障の構築については、給付と負担のあり方を議論し、・・・
発行:2023年10月23日
定価:本体1050円+税

社会保障全般 ▼こども未来戦略会議は10月2日、年末までに「こども未来戦略」を策定するための検討を開始。岸田首相は、「こども未来戦略方針」の「加速化プラン」を具体化し、次期通常国会に所要の法案を提出することや、全世代型社会保障構築会議が諮問会議と連携して、年末までに、2028年度までに必・・・
発行:2023年10月16日
定価:本体1050円+税

厚生労働行政 ▼浅沼一成厚労省医政局長は9月26日、記者クラブの会見に臨み、就任の抱負や今後の課題、施策の方向性等を語った。医師の立場から、「人」を診る医療の提供に邁進する考えを示すとともに、医療DXのメリットを医療関係者や国民・患者に共有できるよう取組みを進めること等を説明(P.14)・・・
発行:2023年10月9日
定価:本体1050円+税

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11