健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

膠原病・リウマチの最新知識と治療

最新版 膠原病・リウマチがわかる本

節々の痛みへの対処法、病気とのつきあい方

宮坂信之(東京医科歯科大学名誉教授)

定価:本体1700円+税

A5判 240ページ 2色刷

ISBN:9784865132861

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  セブンネットショッピング  e-hon 

内容紹介

関節リウマチなど、慢性に経過する病気・膠原病。
症状から診断、治療薬など病気と上手につきあっていくための最新知識を解説します。

膠原病とは、血管や結合組織とよばれる部分に炎症がおこる慢性の病気です。
血管や結合組織がからだのあちこちにあるため、全身に病気がおこることから難病とされています。
そのため、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病、血管炎症候群、シェーグレン症候群、ベーチェット病など、からだのどこにどのようにできるかで、様々な病名であらわされることになります。
また、原因はまだ解明されていないため、専門医による早期診断と早期治療が大切になりますが、治療は長期間に及ぶため、専門医による適切な指導とともに、患者さん自身の病気に対する理解と根気が必要になります。
膠原病やリウマチ性疾患は慢性に経過する病気です。
病気とけんかをしても、病気は決してよくなりません。
むしろ、病気と仲よくしつつ、病気を怒らせないように工夫することが大切で、患者さんひとり一人が単独で病気に向き合うのではなく、ご家族やお友達が病気を理解し、患者さんを精神的に支えてあげられることも大切になってきます。
そこで本書は、個々の症状の原因から診断、治療薬、日常生活の過ごし方、食事や運動から、妊娠と出産、諸制度、医療助成まで、患者さんとご家族が情報を共有し、病気と上手につきあっていくためのひととおりの最新知識を得ていただけることを目指して編集されています。
平成19年刊『新版 膠原病がわかる本』の最新改訂版。
とくにこの数年間で飛躍的な進歩を遂げたリウマチ治療については、大きく書き改めました。巻末に患者さんを支える組織、用語解説。

◆ 著 者 ◆
宮坂信之(みやさかのぶゆき)
東京医科歯科大学名誉教授。1973年、東京医科歯科大学医学部卒業、第一内科入局。79年、カリフォルニア大学医学部サンフランシスコ校内科研究員。81年、テキサス大学医学部サンアントニオ校内科研究助教授。86年、東京女子医科大学リウマチ痛風センター内科助教授。89年、東京医科歯科大学難治疾患研究所教授。95年、同第一内科教授。2000年、同膠原病・リウマチ内科教授。09年、日本リウマチ学会理事長。11年、東京医科歯科大学医学部附属病院長兼任。13年、東京医科歯科大学名誉教授。他多数歴任。日本学術会議会員。90年、日本リウマチ学会賞。97年、日本ノバルティスリウマチ賞。08年、日本リウマチ友の会賞。

目次

第1章 膠原病とはどんな病気なのか
膠原病ってどんな病気なの/膠原病は三つの顔をもつ/膠原病はめずらしい病気なの?/膠原病って治るの?
第2章 膠原病の原因はどこまで解明されたのか
膠原病研究の現状/膠原病って遺伝するの?/膠原病の環境要因/膠原病は女性に多い病気/膠原病の歴史
第3章 膠原病が疑われるとき
膠原病に共通してみられる症状
第4章 膠原病の症状と診断・治療
①全身性エリテマトーデス(SLE)/②関節リウマチ(RA)/③多発性筋炎・皮膚筋炎(PM/DM)/④強皮症(SSc)/⑤混合性結合組織病(MCTD)/⑥血管炎症候群/⑦シェーグレン症候群(SS)/⑧ベーチェット病/⑨その他の膠原病/⑩膠原病と間違えやすい病気
第5章 膠原病の治療薬
非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)/抗リウマチ薬(DMARDs)/ステロイド/免疫抑制薬/生物学的製剤
第6章 QOLを向上させるために
リハビリテーション/長くつきあえるお医者さんを見つけよう/その他、知っておきたいこと
第7章 膠原病と上手につきあう方法
日常生活を快適に過ごすために/結婚と妊娠・出産と育児/日本の難病対策/患者さんを支える組織
付 録 用語解説

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。