法研の本

株式会社法研

android

前のページへ 1  2  3

アレルギー性皮膚炎は幼少期に発症することが多く、日本では3歳児の約13%がかかっている病気です。最近では特に子どもの発症率が増加しており、1981年から92年の約10年で2倍以上となっています。アレルギー疾患だからと体質改善を治療の中心に考えがちですが、実は治療の第一歩は「保湿」で、約3・・・
発行:2008年10月30日

「腰・ひざの痛み」を訴える人の数は、肥満の増加や、生活習慣・環境の変化などにより、年々増加しています。その症状には日常生活での動きが大きく関わるため、医師の治療を受けると同時に、自分で治すという姿勢や知識を持つことが重要になります。 本書では、そうした腰・ひざの痛みに関する基礎知識や最新・・・
発行:2008年11月28日

パーキンソン病は、脳神経の病気の中ではアルツハイマー病に次いでかかる率が高く、生活の質が著しく低下するために難病指定されています。以前は寝たきりになる人が多い病気でしたが、現在は非常に有効な薬が次々と開発されており、早期に適切な治療を行うことで寝たきりを防げるようになっています。さらに、・・・
発行:2009年1月31日

循環器内科とは、血液循環に関わる心臓や大動脈で生じる病気の治療を行うところです。心筋梗塞の治療法は日々進歩し、多くの患者さんの命を救うことができるようになりましたが、日本の緊急医療システム、運送システムは充実しているとは言いがたいため、狭心症や心筋梗塞の予防に努め、再発を防ぎ、自分の身は・・・
発行:2009年5月15日

 甲状腺の病気を抱える患者さんは、およそ500万人いると言われています。「イライラして落ち着かない」「動悸、息切れ」「のどが渇く」「のぼせやすい」など、甲状腺の病気の症状は多彩で、ほかの病気と間違われてしまうこともあります。  本書は、甲状腺とはどのような臓器で、どのようなはたらきをして・・・
発行:2009年9月24日

「風が吹いても痛い!」激痛発作で知られる痛風。実は痛みがおさまってからの治療がポイント。腎臓病やメタボと合併したものや、激痛がないのに悪化するタイプは要注意。尿酸値高めの人にすぐ役立つ生活習慣見直しのポイント、病気や治療薬についての正しい知識を解説。 川合眞一(かわいしんいち) /著 東・・・
発行:2010年2月18日

ビジネスマナーと仕事の進め方のポイントを総合的に解説します。あいさつ・スピーチ、報告書や企画書などビジネス文書の書き方、電話の応対など、マナーと仕事の進め方両方の要素を取り入れた新社会人として知っておかなくてはならない知識を網羅しています。 また、マナーやビジネスの事例を「勝つ=○」「負・・・
発行:2006年3月10日

人間性の評価に重点がおかれる面接試験。そこを突破するためのエッセンスを実践的に解説。 面接でどんな質問をされるのか? どんな回答をすればいいのか? よくされる質問と模範回答例を豊富に紹介。 職種別・性別・世代別に、ポイントがすぐわかる勝つ回答(○)、負ける回答(×)を並べて紹介。 就職問・・・
発行:2007年4月27日

履歴書の写真の貼り方から、英文での職務経歴書の書き方まで、採用を勝ち取るために必要な応募書類の書き方のあれこれを、徹底的に実践にそって解説。 「書き方の常識」から「高度なテクニック」まで、採用を勝ち取るために必要なポイントが一読でわかる。 職種別・性別・世代別に豊富な事例を網羅。マイナス・・・
発行:2007年4月27日

[1]お祝いの「手紙」「はがき」「メール」のマナー、お礼状の書き方・出し方のマナーをアドバイス。 [2]使うべきツールが手紙・はがき・メールのどれがふさわしいか、マークで示し、ひと目でわかります。 [3]各頁に1〜2文例という構成で、なるべく多くの文例を紹介します。 [4]「ご高配」「ご・・・
発行:2008年7月20日

実際に親が亡くなってから必要となるすべての事項を図解で解説します。 残された子どもが、親の遺志を尊重しながら、どのように見送り、死後の始末をどのようにするか、その後の残された親の扶養、届け出・手続き、遺産相続、相続税と、山積される人生の課題にそれぞれの専門家がお答えします。 黒澤計男(く・・・
発行:2008年9月30日
ISBNコード:978-4-87954-740-8

冠婚葬祭、ビジネス、地域の行事などで司会進行を頼まれたときに役立つ実例集。多岐にわたる事例を豊富に掲載し、ひと目で流れをつかめるように工夫。司会のコツや話す内容を詳解、「幹事役」の人にも必携です。 ●セールスポイント [1]プログラム(式次第)を大きく表示、ひと目で流れを把握。 [2]「・・・
発行:2008年11月20日
ISBNコード:978-4-87954-744-6

PTA行事・催事の司会進行に、親同士・役員・先生とのおつき合いのマナー、あいさつ、手紙・文書など、PTA活動に必要となるすべてを網羅しました。本書を参考にすることで、「やってよかった」と思えるPTA活動が経験できます。そのための指針として、本書を活用いただけます。 PTAマナー研究会(ぴ・・・
発行:2009年2月20日

・喪主・遺族代表のあいさつ事例を紹介。 ・「通夜」「葬儀(出棺時)」「精進落とし」「法要」「社葬」等の事例を網羅。 ・故人の人柄や仕事歴、交流歴など多岐にわたるエピソードで身近な例が見つかります。 ・仏式・神式・キリスト教・自由葬など、宗教による違いも配慮。 大坪義文(おおつぼよしぶみ)・・・
発行:2009年9月30日

本書は著者が体験した物語を『このごろ疲れているな......と感じたとき』、『出会うとき・別れるとき』、『目標を見失ってしまったとき』、『死ぬことを意識しはじめたとき』という4つのテーマにそって描き出しました。どこから読んでも「なるほど......」のお話ですので、電車の中・夜寝る前など・・・
発行:2010年6月12日

『患者が決めた!いい病院』(オリコン)関東版で皮膚科第1位となった柴崎敦夫先生(埼玉県)によるアトピー性皮膚炎をめぐるエッセイ風実用書。アトピー性皮膚炎を治すことはそんなに難しくないことをやさしく語りおろす。 ・・・
発行:2006年7月25日

自宅でできるリハビリを、豊富なイラスト付きで説明しています。 橋本圭司(はしもと けいじ) /著 国立成育医療センターリハビリテーション科 医学博士 医学博士、リハビリテーション専門医。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業。同大学リハビリテーション医学講座にて臨床・研究に従事。東京都リ・・・
発行:2009年9月17日

・病気以前の「未病」治し、痛みやつらさの解消、「メタボ」予防に ・病院でもわからない「なんとなく不調」の原因と治療法 ・現代の研究成果も踏まえた「最も新しい漢方」の処方箋を紹介 ・伝統医学の説く五臓六腑、気・血・水のシステムがよくわかる 岡部哲郎(おかべてつろう) /著 東京大学大学院医・・・
発行:2009年10月23日

今回の福島第一原子力発電所の事故により、日本中が不安の渦に巻き込まれています。とくに、妊娠中、授乳中の女性や子育て中の女性にとっては、自分だけでなく、子どもたちの健康に与える放射能の影響についての関心は高く、正確で具体的な情報が求められています。 本書は、事故前から原発に注意を促してきた・・・
発行:2011年7月30日

・自閉症という深刻な問題について、従来の「個」を中心とした理解に代わって、「関係」という視点から捉え直す。著者独自の視点から書き下ろした一般向けの解説書。 ・基本となる概念を解説したのち、自閉症で問題となる事柄について具体的に検討。三大特徴である「対人関係の障碍」「コミュニケーションの障・・・
発行:2008年2月26日

前のページへ 1  2  3