健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

この食材、この食べ方で、快腸・長生き!

腸がきれいになる元気食

100歳になっても美味しく食べたい!8つの食材が決め手

松生恒夫(松生クリニック院長)

発行日:2019年1月21日

定価:本体1400円+税

B6判 184ページ 2色刷

ISBN:9784865135497

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon 

内容紹介

わずか8つの食材で、薬に頼らず快腸・長生き!

 オリ-ブオイル、オリゴ糖、ココア、ペパーミント、植物性乳酸菌、もち麦ごはん、キウイフルーツ、バナナ......。便秘や下痢等の悩みなど体調全般にすぐれない人が薬に頼らず体質改善を実現するためにできる、カンタン食事メニュー。必須食材は8つのみ。
 腸力を高めることで、見た目も若く、いつまでも健康的な生活を送ることができます。食材の効能や食べ方、健康的に薬を減らしていく方法、日常の食生活の工夫など、100歳まで元気に生きていくためのドクターからの提案です。消化器内科医・大腸専門医の立場から、おいしい食べ方を紹介します。
 健康的に、根底からの体質改善を実現させられる方法論と知識は、科学的データ(EBM)にこだわった確かな内容になっています。

◆ 著者 ◆
松生 恒夫(まついけ・つねお)
1955年、東京生まれ。医学博士。80年、東京慈恵会医科大学卒業。85年、同大学第三病院内科助手となる。松島病院大腸肛門病センター診療部長を経て、2004年1月、東京都立川市に松生クリニックを開業。大腸内視鏡検査や炎症性腸疾患の診断と治療、地中海式食生活の指導、消化器疾患の漢方療法などを得意とする。日本内科学会認定医、日本消化器病学会認定専門医、著書に『日本一の長寿県と世界一の長寿村の腸にいい食事』(PHP新書)、『寿命の9割は腸で決まる』(幻冬舎新書)、『オリーブオイルで老いない体をつくる』(平凡社新書)他多数。

目次

プロローグ 快腸をもたらす「8つの食材」とは?
1章 高齢者に多すぎる服用薬。減量する方法
2章 年齢とともに低下する腸のしくみ
3章 食べて腸をよくする8つの食材
①エキストラバージン・オリーブオイル ②オリゴ糖 ③ココア ④ペパーミント ⑤植物性乳酸菌 ⑥もち麦(大麦) ⑦キウイフルーツ ⑧バナナ
4章 食べて腸をよくする組み合わせ
5章 腸を温めてよくする方法

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[楽天ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
お申込み後、通常7日前後でお届けします。