健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

原因不明、精神的なものといわれたふるえ、イップスを内科的、外科的なアプローチで治療する

そのふるえ・イップス 心因性ではありません

不随意運動・ジストニアのしくみと治療

平 孝臣(東京女子医科大学脳神経外科臨床教授)他

発行日:2021年8月24日

定価:1,870円(税込)

A5判 176ページ 2色刷

ISBN:9784865138269

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon 

内容紹介

イップス、ふるえを心因性だからと諦める前に ピッチャーがボールをうまく投げられない、ゴルフで打とうとするときに思わぬ動きをしてしまう、長年演奏してきた楽器を弾けなくなる、こうした症状は以前から知られ、イップスなどと呼ばれてきました。
そうしたイップスやふるえ、不随意運動で悩んでいる患者さんのなかには、脳神経と特定の動きが結びつき、その動作をしようとしたときにだけ不具合が起きてしまう人がいます。
局所性ジストニアなど、病気の本質が見極められ、正しく診断されれば有効な治療法がある病気もあります。
本書は局所性ジストニアを中心に、原因不明、心因性といわれていた病気のしくみや基礎知識、治療法をわかりやすく紹介します。

◆ 著者 ◆ 平 孝臣(たいら たかおみ)
医師、医学博士、東京女子医科大学脳神経外科臨床教授
1982年神戸大学医学部卒。同年東京女子医科大学脳神経外科、1988年よりイギリスバーミンガム大学留学、1991年よりオランダアムステルダム大学研究員を経て2012年より現職。日本脳神経外科学会評議員、日本定位・機能神経外科学会理事長。

堀澤 士朗(ほりさわ しろう)
2008年東海大学医学部卒。2010年より東京女子医科大学脳神経外科後期臨床研修医、2015年より東京女子医科大学脳神経外科助教。

目次

第1章 「イップス」とはなにか?
「イップス」といわれる症状のいろいろ/イップス=メンタルの問題なのか?/イップスの正体は「ジストニア」/イップス以外にもある「ジストニア」いろいろ
第2章 「ふるえ」が止まらない!
「書痙=ふるえ」ではない/病的なふるえの原因はいろいろ/パーキンソン病と本態性振戦/その他のふるえ
第3章 なぜ体の動きが制御できないのか
運動をもたらす脳と体のしくみ/体の動きを制御できなくなる原因はいろいろ/イップスやふるえは、脳の調整不良がまねく
第4章 イップス・ふるえの治し方、つきあい方
正しい診断を受ける/治療方針の定め方/イップス=ジストニアの治し方/「ふるえ」の治し方/毎日の生活で心がけたいこと
第5章 もっと知りたい! 脳の手術のこと
「脳の手術」の始まりと変遷/脳の手術の原理・原則/機械を植え込む「脳深部刺激療法」/熱で固める「高周波凝固術」/新しい治療法、「集束超音波治療」/放射線による「ガンマナイフ治療」

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[楽天ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
お申込み後、通常7日前後でお届けします。