健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

医療・行政・関係者必須のバイブル

徹底研究「治験」と「臨床」

運用の視点・患者の視点で読み解く

公益財団法人 医療科学研究所

発行日:2018年10月15日

定価:本体1800円+税

B6判 272ページ 1色刷

ISBN:9784865135510

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  e-hon 

内容紹介

患者の医療アクセスの改善と、被験者保護、
臨床研究開発の推進のために―――識者11人の提言集!

健康長寿社会の実現には、「新薬」が欠かせません。1年前ならあきらめるしかなかった患者の命が、新薬によって救われる時代にもなってきました。今日のスピーディーかつ革新的な開発に対し、その受け皿としての法律や制度は、はたして順調に追い着いていっているのか、その隙間を埋めていくには、あまりにも大きな問題が多数横たわっています。
 本書は、様々な法律や制度が整備された治験・臨床研究の領域で、難病、患者申出療養制度、臨床研究、再生医療、AMEDといった重要なテーマをとりまとめました。その成立までの背景や、制度・法律の意義を整理し、今後の展望等について、制度運用と患者の立場という2つの視点から注視しており、「治験」と「臨床」をめぐる展望、課題についてより客観的な視点からの概括を試みた労作となっています。

◆ 執筆者 ◆
楠岡英雄(独立行政法人国立病院機構理事長)
川野宇宏(厚生労働省健康局難病対策課長)
伊藤たてお(一般社団法人日本難病・疾病団体協議会理事会参与)
片山晶博(厚生労働省保険局医療課)
天野慎介(一般社団法人全国がん患者団体連合会理事長)
福田亮介(厚生労働省医政局研究開発振興課課長補佐)
田代志門(国立がん研究センター社会と健康研究センター)
澤芳樹(大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科学教授)
鮫島正(テルモ株式会社執行役員)
梶尾雅宏(国立研究開発法人日本医療研究開発機構執行役)
武藤香織(東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授)

※肩書きは執筆当時(執筆順)

目次

1.総説 治験・臨床研究の歩みについて 
2.難病法の制定と現在の難病対策について 
3.患者会の活動と難病法の成立への関わり 
4.患者申出療養と人道的見地から実施される治験について 
5.患者申出療養制度への期待と課題~がん患者の立場から~ 
6.臨床研究法について 
7.日本における倫理審査委員会制度改革の動向 
8.再生医療の最前線 
9.再生医療新法と薬事法改正による研究開発環境の変化~開発企業の立場から~
10.日本医療研究開発機構(AMED)の創設の意義と研究開発費の在り方
11.臨床研究への患者・市民参画政策の黎明期に~経験ある被験者の貢献~

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[楽天ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
お申込み後、通常7日前後でお届けします。