TOPページ>ストレスチェック>TCCストレスチェック

TCCストレスチェック

TCCストレスチェックは、130問のマークシート形式での実施となります。個人・全体の報告書をお返しします。

ストレスチェック~本人によるセルフケア~

一つの心理テストで個人の心理状態を100%把握することはできないといわれています。また、このチェックの結果が悪かったからと言って、すぐにメンタルに問題ありと判断することも危険です。
ストレスチェックの一番の意義は、個人個人が自分自身の心理状態に目を向けるためのきっかけづくりです。TCCストレスチェックでは、お一人一人にご関心を持っていただけるよう、個人ごとに「パーソナルレポート」を作成します。

パーソナルレポート

回答をもとに、個人宛に以下の4つの観点を軸とした個人結果報告書を作成します。

  1. 1. 現在の「ストレス度合い」「心身の疲労度」
  2. 2. 内的な要因として、強迫性・自罰性・自己抑制性といった「うつになりやすいポイント」「ストレスの受けやすさ」
  3. 3. 外的な要因として、「職場の人間関係」「仕事量」「やりがい」
  4. 4. ストレスに対する能力(コーピング)

上記4点の小要因について5段階で判定します。

例え同じ環境にあったとしても、個人の生まれ持ったパーソナリティによってストレスの受け方には違いが生じます。総合評価では、個人のパーソナリティまでを考慮した上で、ストレス状態を総合的に分析し、数値とコメントで判定します。

パーソナルレポート_画像

トータルレポート

個人毎の結果を総括的に分析し、組織全体の特徴・傾向を示した報告書をご担当者へお返しします。
組織全体の傾向だけでなく、業務内容別・年代別等の観点からストレスの高さ、仕事への意欲の違い等、心身の健康状態を多角的に分析、組織での健康管理と組織活性化の有用な情報を提供します。

トータルレポート_画像