TOPページ>導入例一覧

法研の健康相談 導入例一覧

従業員向けにストレスチェック、メンタルヘルスカウンセリングを導入

社内の組織改変後、ストレス対策の不備を感じるようになったS株式会社。過去のストレス対策実施状況などの聞き取りをもとに、法研からはストレスチェックとメンタルヘルスカウンセリングを提案。
ストレスチェックの個人結果票により従業員一人一人のメンタルヘルスの重要性を感じてもらい、また結果の悪かった人にはカウンセリングを受けることを勧奨。社内にメンタルヘルスに関する問題の認識が広がり、個人のストレス対処への意識が高まった。

被保険者向けに健康相談、ベストドクターズ・サービスを導入

A健康保険組合では医療費が健保支出の約52%を占めており、恒常的な赤字運営に悩まされている。対策として同組合では健康に関する啓発事業や健診制度の整備に注力するとともに、適正受診対策も重要と考えている。
そこで、気軽にいつでも正しい受診のアドバイスが受けられるしくみを検討、電話による健康相談を導入した。

関連サービス:ファミリー健康相談

自治体の地域住民向けに健康相談・メンタルヘルスカウンセリングを導入

人口流出を懸念したY市では、「健康・安心」を柱に市民の定着を考え、そのための事業の一環としてファミリー健康相談を開始。
初めは相談が少なかったが、強化したPRが効を奏し徐々に増加、現在では体の健康とは切り離せない「心の健康」について事業拡大を検討中。

関連サービス:ファミリー健康相談

クリニックの受付時間外に健康相談を導入

Aクリニックでは多様化する患者様のニーズに対応するクリニックを目指し、「24時間の患者サービス」を図っている。コスト面の効果も見込んでコールセンター機能のアウトソーシングを検討し、電話健康相談サービスを導入。

関連サービス:ファミリー健康相談

カード会員向けに健康相談、ベストドクターズ・サービスを導入

厳しい競争環境におかれているクレジットカード業界にあって、各社は富裕層の獲得と維持を目的に囲い込み戦略を展開している。Yクレジットカード会社では、様々な付帯サービスを採用しているが、さらに差別化はかるための鍵となるサービスとして、ベストドクターズ・サービスとファミリー健康相談をセットで採用した。

保険会社の医療保険商品にベストドクターズ・サービスを付加

医療保険は保険料金や保険内容といった商品自体での差別化が難しいため、医療保険との親和性の高い、健康関連相談のサービスが差別化の手段として注目されている。B生命保険会社では、お客様の悩み・負担に対する総合的なサポートを商品開発のコンセプトとし、「経済的負担」の軽減以外の「肉体的負担」「精神的負担」を軽減できるサービスとして、ベストドクターズ・サービスを保険の付帯サービスとして採用した。

介護サービスを提供する会社の利用者へ健康相談を導入

介護サービスを展開する企業の、サービス提供先のお客様にファミリー健康相談を実施。介護サービスを提供している時間だけに終わらない健康情報の提供により、他社との差異化を実現。また、報告書のデータから介護者特有の悩みを確認、新サービスの検討材料として活用。

関連サービス:ファミリー健康相談