TOPページ>EAPプログラム

EAPプログラム

EAPプログラムで従業員のメンタルヘルスケア対策

EAPプログラムとは、企業・団体組織の従業員を対象とする総合カウンセリングサービスです。
従業員のメンタルをケアする事で、生産性を向上させることが目的です。

サービスの特徴

人が活動するにあたって、心身が健康であることは何よりも優先される前提となります。
様々な立場の他人とコミュニケーションし、複雑な問題を解決することを求められる会社での業務にあたっては、その前提がより大切となることは言うまでもありません。
法研のEAPプログラムでは、会社で働く従業員の心身を健康に保つためにどういった対策が必要か、臨床心理士がご担当者と話しながらアドバイスします。

EAPプログラム_イメージ写真

サービスの内容

法研の健康相談では、「予防・気づき・改善」の各領域について最適なサービスを提供することができます。
臨床心理士が組織の状態についてご担当者と話し合い、必要に応じてこれらのサービスを提案しながら問題解決に向けアドバイスします。

ストレスマネジメントコンサルティング

臨床心理士が組織の状態についてご担当者と話し合い、必要に応じてサービスを提案しながら問題解決に向けアドバイスします。

予防(発症予防)の領域

①各種講演・セミナー
 ・一般職向け「セルフケアセミナー」
 ・管理職向け「ラインケアセミナー」等
②教育(出版物)
 「職場のメンタルヘルスとコミュニケーション」等

早期発見、早期治療の領域

メンタルヘルスカウンセリング
 ・面接カウンセリング
 ・電話カウンセリング
 ・こころのWeb相談

治療、ケアの領域

①出張カウンセリング(災害、事故、事件に対応したケースカンファレンス等)
②精神医療へのつなぎ

EAPプログラムをおさがしですか?法研の健康相談では、臨床心理士が御社のメンタルヘルスの問題についてアドバイスをいたします。
従業員のメンタルヘルスケア対策なら、法研の健康相談をご利用ください。