株式会社 法研

新刊・話題の本はこちらから

事業紹介

  • 書籍・電子書籍
  • 定期刊行誌
  • 健康相談・カウンセリング
  • 広報誌・ホームページ制作
  • ITソリューション
  • 保険者・企業向け健康管理事業

新刊・話題の本はこちら


貸会議室のご案内

2017法研カタログ

掲載商品の内容・価格は2016年10月時点の情報となります。商品の仕様、価格は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

データヘルス計画に対応「データヘルスプログラム」 | レセプト分析・コンサルティングなら

データヘルスプログラム

「健診結果」・「レセプト」の分析から計画策定、指導実施まで、
多くの実績をもとに「データヘルス計画」への対応をサポートします。

当プログラムは、潜在的な生活習慣病リスクを顕在化させ、医療機関への受診を勧奨、早期発見・低医療費での治療に結び付けることで人工透析や脳血管疾患などの重篤な疾病を予防し、将来医療費の増大防止を図る事業です。
「健診結果」と「レセプト」、二つのデータ化された医療情報から複合的視点で全体と個別に分析します。全体分析は将来医療費のため計画立案に活用、個別分析は現在医療費のため保健指導に活用することで「将来」と「現在」の医療費増加リスクを軽減します。

トピックス

事例紹介

事業の特徴

「基本」+「独自」のデータ分析

  • 経営視点での医療費分析
  • 実績に裏付けられた独自データ解析
  • データヘルス計画に対応したマネジメント提案
  • 保険者機能を強化する「投資型」事業の提示
  • 効果測定まで一貫したコンサルティング

電話保健指導のメリット

  • 健康意識の向上や動機づけに有効
  • 高い受入率
  • 低コストで導入可能
  • 就業時間外での対応が容易(夜間・土曜日)
  • ジェネリック事業との連動が可能

保健師職の徹底活用

  • 看護師による健康相談ではなく「保健指導」
  • 保険者様や母体企業・事業主さまの医療専門職との連携が可能
  • 共同設置型保健師として、貴保険者の保健師の立場で指導
  • 他の保健事業との連動や事業の紹介が可能

事業の流れ

データヘルスプログラム_事業の流れ
お問い合わせフォーム