法研の定期刊行誌

株式会社法研

迅速な報道とわかりやすい解説

週刊社会保障 2011.9.26 No.2646

株式会社法研 報道部

定価:本体680円+税

発行日:2011年9月26日

B5判 総68頁 

ニュース・フラッシュ

▲週刊社会保障 平成23年9月26日号
<国会>
▽衆院本会議は9月14、15日、参院本会議は15、16日、野田佳彦内閣総理大臣の所信表明演説に対する各党代表質問を実施。野田首相は社会保障・税一体改革について、合意形成に向けた与野党協議参加を要請(P.16)
<政府>
▽政府は9月20日の閣議で平成24年度予算の概算要求組替え基準を決定。社会保障関係費の自然増1兆1600億円を容認(P.12)
<社会保障全般>
▽社会保障給付費の整理に関する検討会は9月14日初会合を開き、社会保障・税一体改革成案が求めている、社会保障給付の整理をする際に必要となる社会保障給付費の集計範囲等について学術的・統計実務的な観点から検討を開始(P.13)
▽厚生労働省の今後のパートタイム労働対策に関する研究会は9月15日、報告書をまとめ公表。社会保険適用を受けることのメリットに必ずしも理解が進んでいない状況を指摘(P.14)
▽日本総合研究所と一橋大学は9月15日、「税・社会保障改革の遂行に向けて~制度のサステナビリティーをどう確保するのか~」をテーマにシンポジウムを開催(P.30)
▽総務省は9月16日、「統計からみたわが国の高齢者の姿」を公表。9月15日現在の65歳以上の高齢者は2980万人で、総人口に占める割合は23.3%、前年度から24万人、0.2ポイント増加し、過去最高を記録(P.15)
<医療・医療保険>
▽健康保険組合連合会と全国健康保険協会は9月13日、ジェネリック医薬品の使用促進に関するセミナーを開催。国や各保険者のジェネリック医薬品使用促進の取組みを報告し、パネルディスカッションでは次期診療報酬改定に向けて使用促進に係るインセンティブを設ける意見が相次ぐ(P.44)
▽社会保障審議会医療保険部会は9月16日、社会保障・税一体改革成案に盛り込まれた高額療養費の見直しと受診時定額負担の議論を開始。受診時定額負担については、「患者負担ではなく、保険料で賄うべき」等の意見が多く、引き続き議論(P.6)
<年金>
▽社会保障審議会年金部会は9月13日、社会保障・税一体改革成案に沿った現行制度改善の個別事項の審議を開始。受給資格期間の短縮については、短縮期間の設定や期間短縮によって低年金者が生じること等が論点として示される(P.24)

注文方法

※バックナンバーについては管理部管理課(電話:03-3562-7671)までお問い合わせください。

▼ホームページからの申し込み
定期購読の申込はこちらのフォームからお申込ください。
定期購読の内容(部数、送付先)の変更はこちらのフォームからお申込ください。
定期購読の中止はこちらのフォームからお申込ください。

▼電話・ファックスによる申し込み
お申し込みに際しては、「購読誌名」「購読開始月」「部数」「お届け先(住所・氏名・電話番号)」を、お電話、ファックス等にて、当社担当部署宛(下記)ご連絡ください。登録完了後、購読誌の発送を開始いたします。ご請求書(振込用紙)は購読誌とは別便にてお送りいたします。

株式会社 法研 管理部管理課 TEL.03-3562-7692 FAX.03-3562-2614

バックナンバーについては、管理部管理課までお電話にてお問い合わせください。
〒104-8104
東京都中央区銀座1-10-1 株式会社 法研 管理部管理課
TEL.03-3562-7671 FAX.03-3562-2614
〔振込先銀行〕 みずほ銀行銀座中央支店 普通口座208112
〔郵便振替〕   振替番号:00120-8-196899 加入者名:株式会社 法研