健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

脳・神経

1  2

認知症の人の一見不思議な行動がわかる 増え続ける認知症患者。認知症は多くの方がかかる身近な病気です。しかし認知症の症状は心理状態と病状や環境、周囲との関係により複雑に影響しあってあらわれ、ご家族や身近な人を戸惑わせます。 しかしこうした症状も、根底にある法則を理解することで、落ちついて対・・・
発行:2017年7月28日
定価:本体1500円+税
ISBNコード:9784865134063

かくれ躁うつ病、新型うつ病、様々な依存症、パニック障害・不安障害......。 治らないその症状は、発達障害に"重ね着"しているのかも? 最近、増えているといわれる「大人の発達障害」。その特徴の一つは思春期以降に様々な二次障害・合併症をおこし、元来の発達障害が見えにくくなってくること。 ・・・
発行:2017年6月22日
定価:本体1600円+税
ISBNコード:9784865133882

うつ病の人と家族のための実用書 うつ病治療を医師に任せきりにして通院を重ねるだけでは、初期治療に失敗し、重症化・長期化させるケースがよくあります。 家族にも別の負担が重くのしかかります。 そのためうつ病の場合は特に医師に任せきりにせず、家族が積極的に関与していくことが大切です。 著者は、・・・
発行:2017年6月20日
定価:本体1500円+税
ISBNコード:9784865133905

精神科医が教える アスペルガー症候群の人とのコミュニケーションのヒント 誰でもコミュニケーションに悩むことはありますが、相手がアスペルガー症候群を始めとするASD(自閉症スペクトラム障害)など発達障害を抱えていることで、よりコミュニケーションが難しくなることがあります。コミュニケーション・・・
発行:2016年12月23日
定価:本体1600円+税
ISBNコード:9784865133035

認知症の人は年々増加し、500万人ともいわれ、認知症の一歩手前の「軽度認知症害(MCI)」の人とあわせると1000万人近い人が認知症状を有していることになります。 また、認知症の発症には、生活を取り巻く環境からの影響が大きくかかわっており、ご本人はもちろんご家族なども、少しでも早い段階か・・・
発行:2016年10月25日
定価:本体1500円+税
ISBNコード:9784865132809

てんかんを理解して、安心して暮らすために てんかんの有病率は0.8%、日本国内に100万人の患者さんがいる非常に身近な病気です。老若男女誰でも発症する可能性があり、また発作の起こり方やその原因もさまざまです。 本書は長年てんかんの専門医として患者さんを支援し続けてきた著者が、てんかんの正・・・
発行:2016年8月25日
定価:本体1600円+税
ISBNコード:9784865132724

従来認知症の治療は、かなり進行した段階での問題行動を抑えることが中心でしたが、最近では認知症が進行する前の軽度認知障害(MCI)の段階で発見し、進行を予防することが重要視されています。 本書は、認知症の研究者で専門医である著者が、MCIに思い当たる人、将来の認知症が気になる人に向けて、医・・・
発行:2016年4月12日
定価:本体1300円+税
ISBNコード:9784865132717

精神科医が教える マンガ版成人期ADHDのコントロール法 忘れっぽい、集中力が続かない、意欲がない、落ちつきがない、衝動的...、ADHDやADHDの特徴に悩む人は大勢います。 本書はADHDの特性を持つ人のために、生活をコントロールして、トラブルを回避するための実践的なコツ、アドバイス・・・
発行:2015年11月25日
定価:本体1,600円+税
ISBNコード:9784865132137

眠りに不満のある人必見! 日本人の3人にひとりは睡眠に関する問題を抱えているという調査があります。 睡眠は健康そして生活の質(QOL)に大きな関わりがあります。しかし、不眠で悩む人の中には、不眠症ではないケースも多くあります。 また、眠るための誤った習慣が不眠を引き起こしているというケー・・・
発行:2015年2月23日
定価:本体1,300円+税
ISBNコード:9784865131567

ADHDと診断された人、またはその傾向のある人が、いかに自分の可能性(強み)に気づき、より良く生きていくためにはどうすべきか。 精神科先進国のアメリカ、ハーバード大学の専門家グループが実例に基づいて戦略的に指南する、決定版ガイドブックの日本語版。 成人のADHD(注意欠如多動性障害)に関・・・
発行:2015年2月26日
定価:本体2,600円+税
ISBNコード:9784865130812

身近な病気――ヘルペスから身を守る "口の中にできたただれが痛む""指先のささくれが赤く膨れ上がった"。これらは、ヘルペス症状の一例です。ヘルペスウイルスに感染することで発症するヘルペス(帯状疱疹、単純ヘルペス)は、事例のように私たちの身近にある"ありふれた"病気であるにかかわらず、その・・・
発行:2014年9月25日
定価:本体1500円+税
ISBNコード:9784865130065

増えている"パーキンソン病" 日本のパーキンソン病患者は年々増加しており、2011年の厚生労働省の患者調査では、全国に14万1千人。 70歳以上の100人に1人程度の割合で発症するといわれています。 また、患者数は50歳代から60歳代にかけて増加し、日本では女性に多くみられることも特徴で・・・
発行:2014年8月18日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:9784865130010

超高齢化社会を迎え、近年認知症患者の増加が著しい。 そうした状況を踏まえ、厚生労働省は平成25年度医療計画で各自治体に向け、認知症を含む精神疾患患者の対策ガイドラインを作成した。 ことさら認知症を持ち出すまでもなく、中高年で"もの忘れ"など、脳の"ぼけ"症状でお悩みの方は少なくないだろう・・・
発行:2014年1月24日
定価:本体1,300円+税
ISBNコード:9784879549969

かつて"関節リウマチ"は、鎮痛薬や炎症を抑える薬などの対症療法的な治療しかなかったため、"一生付き合っていく病気"でした。 しかし、90年後半から画期的な治療薬が続々と登場し、現在では発見が遅れなければ、関節の痛みや症状がなく日常生活も問題なく過ごせる「寛解(かんかい)」に至ることも難し・・・
発行:2013年9月26日
定価:本体1,400円+税
ISBNコード:9784879549587

認知症の患者数は300万人を超え、政府の予測を大幅に上回るペースで増加しています。今後、自分が認知症にならなくても、家族や周囲の人が認知症になる可能性は十分にあります。 「認知症と診断されたらどうしたらよいのか?」「仕事はいつまで続けられるのか?」「具体的に何をすればよいのか?」「どのよ・・・
発行:2013年8月29日
定価:本体1,400円+税
ISBNコード:978-4-87954-979-2

時代の主流は早期介入・早期治療  統合失調症は「100人に1人が発症する可能がある」といわれるほど、私たちにとって身近な病気です。  症状は幻覚や妄想、興奮、昏迷などさまざまな様相を呈しますが、統合失調症は発症から治療開始までの未治療期間が長くなるほど経過が悪くなる傾向にあります。逆に、・・・
発行:2013年2月16日
定価:本体1,600円+税
ISBNコード:9784879549471

脳梗塞・脳内出血で入院し治療を受け退院後、自宅で再発を防ぎながら社会復帰をめざすための、「治療」「生活&リハビリ」を紹介します。脳卒中の全般的な知識ではなく、「退院後の生活のしかた」に絞った点が新しい視点です。再発を防止し後遺症の大きさに合わせた病後の自立とケアのしかたを紹介します。 本・・・
発行:2012年6月25日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:978-4-87954-872-6

奥村 歩 (おくむら・あゆみ) おくむらクリニック院長。木沢記念病院脳神経外科部長。 1961年生まれ。1988年岐阜大学医学部卒業。1998年岐阜大学大学院・医学博士。同年4月ノースカロライナ神経科学研究所に留学。2000年岐阜大学附属病院脳神経外科病棟医長併任講師。2003年木沢記念・・・
発行:2012年5月28日
定価:本体1000円+税
ISBNコード:978-4-87954-850-4

**アルツハイマー病患者が増えています。** 厚生労働省の統計によると2010年には約208万人いるといわれている患者数が、10年後には300万人を超えると推計されています。 **アルツハイマー病を取り巻く環境は変化しています。** 本書では、前身である「アルツハイマー病がわかる本」を大・・・
発行:2012年2月25日
定価:本体1,500円+税
ISBNコード:978-4-87954-854-2

専門医が図解するシリーズ 第2弾 脳の血管が詰まることによって脳の組織が障害される「脳梗塞」は、日本人の死因第3位にランクされる"脳卒中"を招く主要要因のひとつです。 早期に適切な治療を受けて救命される人も大勢いますが、それでも後遺症に悩まされる人が少なくないのが実情です。 本書は、増加・・・
発行:2011年12月19日
定価:本体1300円+税
ISBNコード:978-4-87954-851-0

1  2