健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

女性の病気

1

正しい知識で不安を解消! 乳がんは女性がかかるがんとしては最多で、女性の11人にひとりが、一生のうちに一度は乳がんに罹患するといいます。 しかし、早期に発見し適切な治療を行えばけっして怖い病気ではありません。 本書は、オールカラーの豊富な図解で乳がんの基礎知識、検査・診断、治療法、リハビ・・・
発行:2017年3月13日
定価:本体1,500円+税
ISBNコード:9784865132823

20年ほど前の乳がんの治療では、胸の小さなしこりでも、乳房を取り除くような手術が当たり前のように行われていました。 現在の治療の考え方でも、目に見えるがんを手術で可能な限り取り除くことは重要ですが、治療後の生活の質を保つために、必要以上の手術は避けられるようになってきています。 さらに治・・・
発行:20107年1月27日
定価:本体2,000円+税
ISBNコード:9784865132786

健診で異常なし。 でも、その自覚症状が漢方では重要です 具体的な病気ではないけれど、不快な症状に悩んでいる...。 漢方では、その状態を「未病」と言い、病気になる前の重要なサインと捉えて、この段階から治療を始めます。 女性は生理周期や、自律神経系など小さな不調を来しやすく、こうした症状に・・・
発行:2013年12月18日
定価:本体1,300円+税
ISBNコード:9784879549617

女性では乳がんとともに心配される「婦人科がん」。 子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん、それぞれ違う「がん」ですが、退院後の生活のポイントは共通する部分が多くみられます。 がんや手術による合併症や化学療法などの副作用は、婦人科がんの患者さん共通の悩みです。こうしたトラブルの予防と、起きたとき・・・
発行:2013年9月25日
定価:本体1,400円+税
ISBNコード:978-4-87954-963-1

女性はからだの構造上、頻尿、尿失禁など排尿のトラブルが起こりがちです。 また、その原因も骨盤底の衰えや、過活動膀胱や間質性膀胱炎などさまざまです。 こうした悩みのために外出の回数が減ったり、自信を喪失し生活が消極的になったりと、日常生活への影響も少なくありません。 しかし、頻尿や尿失禁は・・・
発行:2013年5月23日
定価:本体1300円+税
ISBNコード:9784879549563

■乳がんの療養と予防に役立つレシピ集  乳がんを予防したり、かかったあとの療養生活を充実させるためには、食生活の改善が重要であることがわかってきました。カロリーの摂りすぎによる肥満、肉類やアルコールの過剰摂取は乳がんの危険因子になるし、青魚に含まれる脂肪酸、EPA、DHA、穀物由来の食物・・・
発行:2012年11月24日
定価:本体1500円+税
ISBNコード:9784879549389

女性に最も発症率の高いがん・乳がん。本書は特に、再発防止の治療・生活・リンパ浮腫のケアなど、退院後の生活処方に重点を置いて解説します。 治療(手術)から退院後、通院期を経て維持期における、治療の方法、投薬の種類、リハビリなど、病気の重さ・段階ごとの悩みや手段の決断(方針の決定)の際にヒン・・・
発行:2012年8月24日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:9784879549419

最新の信頼できる治療法を一挙紹介!各治療法の第一人者がメリット・デメリットをわかりやすく解説!検査・診断と治療法の選択についても詳しく解説!あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!!乳がんはほかの多くのがんと比べ、検査や診断技術、治療の進歩が著しく、4~5年前とは、治療の考え方そのも・・・
発行:2011年11月25日
定価:本体1900円+税
ISBNコード:978-4-87954-845-0

齊藤光江(さいとうみつえ) /監修順天堂大学医学部付属 順天堂医院 乳腺科診療科長1984年千葉大学医学部卒後、東大分院外科入局。1990-92年米国MDアンダーソン癌センター細胞生物学教室に留学。帰国後、東大分院外科助手。医学博士の学位取得。1995-2002年癌研病院乳腺外科医員。2・・・
発行:2010年7月14日
定価:本体1300円+税
ISBNコード:978-4-87954-801-6

乳がんの治療法はここ数年で大きく進化をとげました。「いかに小さく切るか」=「患者さんの負担をいかに軽減するか」が追求されてきており、「術前薬物療法」はその代表といえます。この治療法は、手術をする前に抗がん薬、分子標的薬、ホルモン薬などを使い、病巣をできるだけ小さくしてから切除しようという・・・
発行:2008年2月29日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:978-4-87954-706-4

女性は男性よりもうつ病になりやすいといわれます。その理由には、結婚・妊娠・出産・子育て・介護や仕事など、女性は男性に比べライフサイクルに変化が起こりやすいことがあるといわれています。そこで編著の平島奈津子助教授はじめ臨床経験豊富な10名の女性医師たちが、ライフサイクルに沿ったケーススタデ・・・
発行:2006年9月25日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:978-4-87954-614-2

健康な首を持つ人は10人に1人!?不調に悩まされているにもかかわらず、現代医学からは見放されている患者さん。彼らの多くが首の筋肉に異常があることを発見し、首こり病と名づけた著者が、首のこりが原因で現れる、とくに女性特有の不快な症状や不調、対処法について解説します。首こり病予備群の人のため・・・
発行:2010年2月15日
定価:本体1300円+税
ISBNコード:978-4-87954-765-1

現在、月経のある女性の5〜10%が子宮内膜症に、20%が子宮筋腫にかかっているとされています。月経のある女性の半数近くがひどい月経痛を経験し、「ひょっとしたら子宮の病気なのでは?」と不安を感じているといわれており、どちらも女性にとっては非常に身近な病気といえるでしょう。にもかかわらず、「・・・
発行:2008年4月26日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:978-4-87954-719-4

ライフスタイルの変化により、乳がんにかかる女性は増えています。本書では、乳がんの治療中の人や、予防したいと考える人に向けて、薬膳の考え方にもとづいたレシピを紹介します。また巻末には、乳がんの基礎知識から、食事・栄養との関係まで、わかりやすく解説しました。おいしく食べて、元気に過ごしたい女・・・
発行:2006年5月27日
定価:本体1400円+税
ISBNコード:978-4-87954-626-5

1