健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

健康図書の法研が贈る、家庭医学書の決定版

六訂版 家庭医学大全科【電子版】

総勢600名を超える豊富な執筆陣。
類書最大の、EBMに基づく病気解説2600項目。
病気とけがの知識に特化した、最新の医学情報をお届けします。

高久史麿(総合監修)、猿田享男(総合監修)、北村惣一郎(総合監修)、福井次矢(総合監修)

発行日:2010年10月10日

定価:3700円(税込)

このアプリをご希望の際は AppStoreまたはAndroidMarketでお買い求めください。

ISBN:978-4-87954-820-7

内容紹介

■特色
1.卓越した総合監修者と分野別監修者
  日本の医学界をリードする4名の総合監修者。
  各分野でトップクラスの実績を残す31名がそれぞれの専門分野を監修。

2.総勢600名を超える豊富な執筆陣が専門的見地から解説
  医療現場の最前線に立ち、日本の医療を担う全国の俊英の先生方が信頼できる確かな情報を提供しています。

3.2600項目以上の病気解説と440項目の多彩なコラム記事
  家庭向け医学書としては例を見ない圧倒的な解説ボリューム。
  加えてコラム記事が、さまざまな側面から役立つ知識をフォローします。

4.EBM(根拠に基づく医療)に裏打ちされた世界のゴールドスタンダードを提示
  数多くの診断基準や診療ガイドライン、治療統計を踏まえ、世界的な動向も視野に入れた充実した内容となっています。

5.誰でも理解できるわかりやすさ
  専門的な知識を含みながら、医学用語や表現はできるだけ平易にし、図表や写真を積極的に活用。ご家庭で理解しやすい解説となっています。

■構成
以下の基本構成で、全31章立て、2600以上の病気とけがを詳しくていねいに解説しています。
1.どんな病気か
 病気のあらまし/位置づけ/特に重視すべきこと
2.原因は何か
 原因/誘因/関与する因子
3.症状の現れ方
 具体的な症状のでかたと進行
4.検査と診断
 診断の方法/必要な検査
5.治療の方法
 スタンダードな治療法/その他の治療法/治療統計(EBM)
6.病気に気づいたらどうする
 どの程度ならば、患者はどうすべきか/受診する科目は
7.関連項目のリファレンス
高久史麿(たかくふみまろ) /総合監修
自治医科大学学長
1954年東京大学医学部医学科卒業。1958年群馬大学医学部助手。1960年東京大学医学部助手として東京大学沖中内科に勤務。1962年国際原子力委員会留学生としてアメリカ合衆国シカゴ大学に留学。1964年東京大学医学部助手。1972年自治医科大学内科教授。1982年東京大学医学部第三内科教授。1986年東京大学評議員。1987年東京大学医科学研究所所長(病態薬理)兼任。1988年東京大学医学部長。1990年国立病院医療センター院長。1993年国立国際医療センター総長。1995年東京京大学名誉教授。1996年自治医科大学学長。国立国際医療センター名誉総長。
猿田享男(さるたたかお) /総合監修
慶應義塾大学名誉教授
1939年生まれ。64年度慶應義塾大学医学部卒業。69年、同大学大学院医学研究科終了。69年〜71年、米国テキサス大学に留学。84年、慶應義塾大学医学部内科教授となり、現在に至る。日本内科学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会、日本腎臓学会などに所属。専門は、高血圧、腎臓病、内分泌など。著書には、『高血圧の生活ガイド』(医歯薬出版)、『高血圧が気になる人へ』(東洋出版)、『高血圧の最新治療』(主婦と生活社)、監修には『別冊NHKきょうの健康 高血圧のすべて』(NHK出版)など多数。
北村惣一郎(きたむらそういちろう) /総合監修
国立循環器病センター名誉総長
1965年大阪大学医学部卒業。69年南カリフォルニア大学留学。72年大阪大学医学部助手(第一外科学)。75年大阪大学医学博士。80年大阪大学講師(第一外科学)。81年奈良県立医科大学教授(第三外科学)。91年日本医師会医学賞。97年国立循環器病センター副院長。00年国立循環器病センター病院長、日本心臓病学会会長。01年国立循環器病センター総長に就任、01年日本胸部外科学会会長、02年日本移植学会会長、03年紫綬褒章、08年退官し、名誉総長。その他、厚生科学審議会科学技術部会委員、厚厚生科学審議会臓器移植委員会委員、心臓移植小委員会委員長、社会保障審議会医療部会委員、日本組織移植学会理事長などを兼任。
福井次矢(ふくいつぐや) /総合監修
聖路加国際病院院長
1976年京都大学医学部卒業。同年、聖路加国際病院内科研修医、80年から84年まで米国コロンビア大学、ハーバード大学留学。84年ハーバード大学公衆衛生大学院卒業。帰国後、国立病院医療センター・厚生技官、92年佐賀医科大学附属病院総合診療部教授、94年京都大学医学部附属病院総合診療部教授を経て、99年より京都大学大学院医学研究科臨床疫学教授。2004年より聖路加国際病院副院長、05年より聖路加国際病院院長。京都大学名誉教授。研究分野は内科、臨床疫学、臨床決断科学、医学教育。日本ででのEBM(科学的根拠に基づく医療)の実践者の先駆けとして、また、総合診療科・臨床疫学講座のパイオニアとして活躍。

目次

【 目次 】

■カラー口絵
体の仕組みとはたらき
・オールカラーの人体図

■チャート図構成
症状からみた病気
・気になる症状と疑われる病気がすぐわかる

■病気とけがの知識
1   子どもの病気
2   お年寄りの病気
3   女性の病気と妊娠・出産
4   こころの病気
5   生活習慣病の基礎知識
6   循環器の病気
7   呼吸器の病気
8   脳・神経・筋の病気
9   運動器系の病気(外傷を含む)
10  眼の病気
11  耳の病気
12  鼻の病気
13  口・あごの病気
14  歯と歯肉の病気
15  のどの病気
16  食道・胃・腸の病気
17  直腸・肛門の病気
18  肝臓・胆嚢・膵臓の病気
19  腎臓と尿路の病気
20  男性生殖器の病気
21  内分泌系とビタミンの病気
22  代謝異常で起こる病気
23  血液・造血器の病気
24  皮膚の病気
25  感染症
26  食中毒
27  中毒と環境因子による病気
28  アレルギー疾患
29  膠原病と原因不明の全身疾患
30  遺伝的要因による疾患
31  外傷

■健康生活の基礎知識
 臨床検査の基礎知識
 救命・応急手当の基礎知識
 上手な医療の利用法
 漢方の基礎知識

 索引(約5000項目)

注文方法

このアプリをご希望の際は AppStoreまたはAndroidMarketでお買い求めください。