健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

名医が語る 最新・最良の治療

前立腺がん【電子版】

トップドクターが紹介する最新・最良の治療法

荒井陽一、辻比呂志、鳶巣賢一、村山重行、寺地敏郎、並木幹夫、吉岡邦彦、鈴木啓悦、斉藤史郎、内田豊昭、幡野和男

発行日:2011年7月24日

定価:900円(税込)

電子書籍販売サイトhontoでご購入いただけます。

ISBN:978-4-87954-817-7

内容紹介

前立腺がんの第一人者が各治療法をわかりやすく解説!
最新の信頼できる治療法を一挙紹介!
検査・診断と治療法の選択についても詳しく解説!
あなたに合ったベストな治療法が必ず見つかる!!
前立腺がんの治療法には、手術、放射線療法、薬物療法などがあります。ただし、一口に手術といっても、医師の手による開腹手術もあれば、ロボットを使った手術もあります。また、放射線療法にも小線源療法から重粒子線治療に到るまでさまざまな治療法があり、いざ治療を受けるとなると、どれがよいか非常に迷うことになります。そこで本書では、各治療法の第一人者であるドクターが、それぞれのメリット・デメリットを含めてわかりやすく解説。さらに、検査・診断や治療法の選択についても詳しく解説し、患者さんが納得のいく治療法を選ぶ指針となる1冊です。

荒井陽一(あらいよういち)
東北大学病院泌尿器科教授
辻比呂志(つじひろし)
放射線医学総合研究所重粒子医科学センター融合治療診断研究プログラムリーダー
鳶巣賢一(とびすけんいち)
聖路加国際病院泌尿器科がん診療特別顧問
村山重行(むらやましげゆき)
静岡県立静岡がんセンター陽子線治療科部長
寺地敏郎(てらちとしろう)
東海大学医学部外科学系泌尿器科教授
並木幹夫(なみきみきお)
金沢大学附属病院泌尿器科教授
吉岡邦彦(よしおかくにひこ)
東京医科大学病院泌尿器科准教授
鈴木啓悦(すずきひろよし)
東邦大学医療センター佐倉病院泌尿器科教授
斉藤史郎(さいとうしろう)
国立病院機構東京医療センター泌尿器科医長
内田豊昭(うちだとよあき)
東海大学医学部附属八王子病院泌尿器科教授
幡野和男(はたのかずお)
千葉県がんセンター放射線治療部部長

目次

第1部 治療法を選ぶ前に
・検査と診断
 PSA検診・直腸診・生検
・治療法の選択
 リスク分類と治療法の選択

第2部 名医が語る治療法のすべて
・手術療法
 開腹手術
 腹腔鏡手術
 ロボット支援手術
・放射線療法
 小線源療法
 強度変調放射線治療(IMRT)
 重粒子線治療
 陽子線治療
・薬物療法
 ホルモン療法(内分泌療法)
 化学療法
・その他の治療法
 高密度焦点式超音波療法(HIFU)
○本書で紹介している治療法が受けられる医療機関リスト

注文方法

電子書籍販売サイトhontoでご購入いただけます。