健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

脳卒中・脳損傷・高次脳機能障害からの回復

1人でもできるリハビリテーション【電子版】

こころとからだのリハビリを病院から退院したあとも、自宅で続けるためのイラストガイド

橋本圭司(著)

発行日:2009年9月17日

定価:700円(税込)

電子版は【honto】でご購入いただいけます。

内容紹介

自宅でできるリハビリを、豊富なイラスト付きで説明しています。
橋本圭司(はしもと けいじ) /著
国立成育医療センターリハビリテーション科 医学博士
医学博士、リハビリテーション専門医。1998年東京慈恵会医科大学医学部卒業。同大学リハビリテーション医学講座にて臨床・研究に従事。東京都リハビリテーション病院、神奈川リハビリテーション病院で、数多くの高次脳機能障害者の治療を経験。現在、国立成育医療センターリハビリテーション科医長、東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講師。NPO法人日本脳外傷後遺症リハビリテーション支援ユニオン副理事長。

目次

はじめに 自宅で行えるリハビリテーションをまとめています

第1章 リハビリテーションの心得
 リハビリテーションとは何か
 病院で行われるリハビリテーション
 リハビリテーションを始める前に
 家庭でリハビリをするには
 効果はすぐには現れない
 1つひとつクリアしてからステップアップする
 スケジュールの管理
 ゆっくり準備、訓練は無心で、痛みが出るまでやらない
 くじけず、あきらめず、人の振り見て我が振り直せ

第2章 自分でできるようにするために

 適切な診断を受ける
 ストレスのない環境を整える
 道具を使う
 車いすの選び方
 杖の選び方
 段差をなくす
 身だしなみを整える
 家族と一緒に食事の準備をする
 整理整頓をする
 予定をつくる

第3章 からだのリハビリテーション
 効果が上がる方法
 気をつけたいこと
 筋力をつける
 関節が固まるのを予防する
 呼吸を整える
 血栓を予防する
 意識をはっきりとさせる
 疲れたときの対処法
 摂食・嚥下の練習
 基本動作の練習
 手足のむくみを減らす
 歩く練習

第4章 こころのリハビリテーション

 こころとは何か
 効果が上がる方法
 気をつけたいこと
 耐久力をつける
 感情をコントロールできるようにする
 自分から始められるようにする
 集中できるようにする
 言葉を理解できるようにする 
 記憶できるようにする
 スケジュール表の活用を身につける
 計画を立てて、行動できるようにする
 時間と場所の感覚を身につける

おわりに リハビリテーションの本当の意味

注文方法

電子版は【honto】でご購入いただいけます。