健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

オールカラー家庭の医学

ウルトラ図解 歯周病

自分の歯を守るメンテナンスと治療の知識

渡辺久(東京医科歯科大学大学院歯周病学分野准教授)

発行日:2016年12月23日

定価:本体1500円+税

A5判 160ページ オールカラー

ISBN:9784865132916

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス 

内容紹介

歯を失う原因の第1位である歯周病。
生活習慣病などとも密接に関係する。

日本人の20代で約7割、40代後半では約9割に歯周病の何らかの症状が見られます。
歯周病が怖いのは、気づかぬうちに進行して歯を失う原因となってしまうことで、現在、日本人の歯を失う原因の第1位です。
歯を失えば、食生活の変化のほか見た目も変わるなど、その後の生活に大きな影響が出ます。さらに糖尿病のほか心筋梗塞や脳卒中などの原因となったり、それらを悪化させるなど、全身の健康と深く関わっています。本書は歯や歯周組織の基本的な知識から歯周病の発症メカニズム、最新の治療法、再発を防ぐケアや生活習慣の注意点までを紹介。生涯自分の歯で噛める生活を送るためのガイドです。

◆監修者◆
渡辺 久(わたなべ・ひさし)
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野 准教授。
1977年東京医科歯科大学卒業。81年同大学大学院修了(歯学博士)。81年東京医科歯科大学助手、87年同大学講師。87年文部省長期在外研究員としてロンドン大学歯学研究所免疫部門勤務。92年東京医科歯科大学助教授。95年文部省短期在外研究員としてロンドン大学、米国フォーサイス研究所勤務。2007年より現職。2013年より一般社団法人日本レーザー歯学会理事長。その他、多くの学会にて評議員等を務める。

目次

第1章 知っておきたい歯の知識
歯や口の中に、こんな症状はありませんか?/歯科治療は早期段階の受診が原則/歯を失う原因の第1位は「歯周病」/歯は生活のなかでどのような役割をしているか? ほか
第2章 「歯周病」って、どんな病気?
歯周病は「感染症」/歯周病の発症と進行/歯周病は全身の病気にかかわっている/妊婦にも影響を及ぼす歯周病/歯周病と生活習慣のかかわり/歯並び、噛み合わせの不具合と歯周病の悪化 ほか
第3章 歯周病を治療する
歯の残存が治療の最大目的/歯科医で行う歯周病の検査/歯周病の基本治療/基本治療とともに行う「噛み合わせ調整」/歯周病の外科治療/治療後は良い状態を維持するためのメンテナンスを ほか
第4章 納得のいく治療で歯周病を完治
良い歯科医、良い治療と出会うために/歯科医院とのトラブルが起きないために/保険適応の治療と保険適応外の治療 ほか

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。