健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

ステージ別治療・薬・食事の工夫、上手につき合うための知識

改訂版 慢性腎臓病(CKD)進行させない治療と生活習慣

透析導入を回避するための必携図書

原 茂子 (原プレスセンタークリニック院長)

発行日:2016年7月20日

定価:本体1500円円+税

A5判  160ページ 2色刷

ISBN:9784865132748

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  セブンネットショッピング  ブックサービス 

内容紹介

ステージ別治療・薬・食事の工夫の最新情報に加えて、
CKDと上手につき合うための日常生活での運動療法を記載

慢性腎臓病(CKD)とは、一つの病名ではなく、腎臓の働きが慢性的に低下していくさまざまな腎臓病をまとめて表しているもので、「糖尿病」「高血圧」「メタボリック症候群」など生活習慣病と深く関係しています。
自覚症状がほとんどないままに進行するので、放置する方も多く、気づいたときには透析療法や腎移植が必要になっている方も多いのです。
透析予備群ともいえるこの患者さんは、日本では1330万人、成人の8人に1人にもあたると見られています。
そのため本書では、透析導入を回避させること、および病気と診断されても、進行を緩やかにするための生活改善と食事の工夫・運動の仕方に重点をおいて、メタボリック症候群と関係の深い慢性腎臓病の概念をやさしく解説。
透析療法の仕組みも詳しく解説します。
平成23年3月初版刊行の『慢性腎臓病(CKD)進行させない治療と生活習慣』の改訂増補版で、『CKD診療ガイド 2012』(日本腎臓学会 編)の診断基準に対応した記述となっています。

◆ 著者 ◆
原 茂子(はら・しげこ)
原プレスセンタークリニック院長
名古屋大学医学部卒業。虎の門病院腎センター部長として腎炎、膠原病や糖尿病性腎症、腎不全および透析療法にかかわった。2013年より現職。

福島正樹(ふくしま・まさき)
重井医学研究所附属病院院長・倉敷中央病院参与
岡山大学医学部卒業。倉敷中央病院腎臓内科・人工透析センター主任部長を経て、現職。

目次

序 章 慢性腎臓病という言葉が伝えたいこと       
 早期発見が重要な慢性腎臓病/腎不全の人が世界中で増えています
第1章 腎臓ってどんな働きをしているの?
 腎臓はどこにあるの?/腎臓の仕組みはどうなっているの?/小さいけれど大きな役割をする腎臓
第2章 慢性腎臓病(CKD)はどんな病気?
 慢性腎臓病はメタボリック症候群と関係している/慢性腎臓病になりやすい人/慢性腎臓病が進行するとどうなるの?/早期発見と早期治療が生命を保つ
第3章 検査と診断
 検尿でわかること/血液検査でわかること/腎臓の働きを見る検査/画像検査でわかること/組織を調べる腎生検/慢性腎臓病はどのように診断されるの?/自覚症状はどんなもの?
第4章 原因となる生活習慣と病気
 慢性腎臓病と生活習慣病/生活習慣病/腎臓の病気
第5章 ステージ別の特徴と治療
 慢性腎臓病の治療/ステージG1?G2における特徴と治療/ステージG3a、G3bにおける特徴と治療/ステージG4における特徴と治療/ステージG5における特徴と治療
第6章 末期腎不全の治療
 透析療法と腎移植/透析療法が必要になるのはいつ?/透析療法はどんな治療?/血液透析(HD)はどのように行われるの?/腹膜透析(CAPD)はどのように行われるの?/血液透析、腹膜透析のどちらを選ぶ?/透析療法に伴う合併症/腎移植とは
Q&A 慢性腎臓病に関するよくある質問

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。
※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。