健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

排尿困難の悩みを解消する尿道形成術

尿道狭窄症

完治できる名医の本

堀口明男(防衛医科大学校泌尿器科学講座講師)

発行日:2015年4月8日

定価:本体1800円+税

A5判 212ページ 4色2色刷り

ISBN:9784865131642

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

尿道形成術を詳しく紹介
尿道狭窄症は文字どおり尿道が狭くなり、それによって排尿障害を生じる疾患ですが、今日きちんとした治療がなされておりません。尿道形成術という難易度の高い手術が必要となりますが、日本では尿道形成術を行える医師が、著者を含めてごく少数しかおりません。
日本の医師の多くは、狭くなった尿道を金属で広げる治療(ブジー治療)や内視鏡で拡張させる簡便な対症療法を繰り返しており、治るどころか狭窄が悪化して、大変苦しんでいます。尿道形成術という根治的な治療を知らずに何十年も排尿ができない苦痛を味わっている方もいます。
推定患者数は28,000名にも。尿道狭窄症は治る病気です。

◆著 者◆
堀口 明男(ほりぐち あきお)
防衛医科大学校泌尿器科学講座講師
1994 年慶應義塾大学医学部卒、泌尿器科学教室入局。
2004 年米国コーネル大学泌尿器科研究員を経て08 年現職

目次

巻頭 カラー口絵
第1章 尿道狭窄症とは
 尿道狭窄症の症状は?/尿道狭窄症の原因は?
第2章 尿道狭窄症の治療について ~現状と理想~
 尿道狭窄症治療のアンケート調査/簡便治療の功罪/尿道狭窄症治療の歴史から見えてくるもの
第3章尿道狭窄症の検査
 尿道狭窄症を疑ったら/必要な検査
第4章初診から治療まで
 初診から入院までに行う検査/入院から手術、退院までの流れ
第5 章尿道形成術とは
 尿道形成術の分類/尿道狭窄部切除、尿道端々吻合術/口腔粘膜を利用した代用組織形成術/尿道会陰瘻造設術/尿道形成術の合併症
 克服された方の治療体験記(7 名)

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。