健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

認知症の9大法則 50症状と対応策

「こんなとき、どうしたらよい?」不思議な言動が納得できる・対応できる

杉山孝博 著 (川崎幸クリニック院長)

発行日:2013年8月29日

定価:本体1,400円+税

A5判 200ページ 1色刷り

ISBN:978-4-87954-979-2

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

認知症の患者数は300万人を超え、政府の予測を大幅に上回るペースで増加しています。今後、自分が認知症にならなくても、家族や周囲の人が認知症になる可能性は十分にあります。
「認知症と診断されたらどうしたらよいのか?」「仕事はいつまで続けられるのか?」「具体的に何をすればよいのか?」「どのように進行、変化していくのか」などの事例と対応策を紹介。

過食や暴言など、不思議に感じられる認知症の症状は、実はある程度、類型化できます。その特性をまとめたものが、「認知症をよく理解するための9大法則」で、さまざまな症状はこの法則にそって説明することができます。
本書では、認知症の代表的な症状50に対する対応策を解説しています。

・解説するのは、30年前から在宅介護に取り組み、「認知症の人と家族の会」の副代表を務める杉山孝博先生。長年の経験をもとに、認知症症状が現れているときの、認知症の人の気持ちや状態についても、9大法則をもとにわかりやすく説明しています。

・「車の運転はいつまでできますか?」など、シーンごとに必要なところだけを調べられる、見開き完結型の知りたいことがさっとわかるレイアウト。


<著者紹介>
杉山孝博(すぎやま・たかひろ)
川崎幸クリニック院長。「認知症の人と家族の会」副代表理事、神奈川県支部代表(1981年より)。1947年愛知県生まれ。東京大学医学部付属病院で内科研修後、75年川崎幸病院に勤務、98年より現在に至る。

目次

1章 認知症は9つの法則で理解できる

第1法則:記憶障害に関する法則/第2法則:症状の出現強度に関する法則/第3法則:自己有利の法則/第4法則:まだら症状の法則 ほか

2章 認知症の代表症状50と対応

認知症初期と診断されてショックを受け、それ以後、病院に行こうとしません/車の運転はいつまでできますか?/急に怒りっぽくなりました ほか

3章 住まいの工夫

4章 認知症の原因となる病気と特徴

●利用できる介護保険サービス

●認知症に関する相談先リスト

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。

フリーダイヤル:0120-29-9625

携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711

電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)

お申込み後、通常7日前後でお届けします。