健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

カリスマ外科医じゃないけれど

現役外科医が、医師の日常を綴ったユーモアあふれるエッセイ

丸尾啓敏(著)

発行日:2008年2月20日

定価:本体1500円+税

四六判上製 256頁 

ISBN:978-4-87954-708-8

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

「外科医」というと大胆にメスを振るうイメージがありますが、実際は、経験を重ねた医師ほど細心で慎重だといいます。術前の判断、患者さんとのコミュニケーション、手術、術後の経過をみながらまた判断・・・・・・と、常に気の休まることのない緊張状態の中で、一見怖そうに見える医師も、実は思い悩みながら患者さんと向き合っている日常を、東芝病院・外科医長 丸尾啓敏があたたかな視点で綴っています。
また、外科医の手技である「糸結び」「点滴刺し」「吻合術」の様子や、外科医の居場所である「医局サロン」「X線テレビ室」「社員食堂」「当直室」などを、絵心たっぷりの著者が、ほのぼのイラストで紹介。

丸尾啓敏(まるおひろとし) /著
東芝病院外科医長・腫瘍科部長・地域連携室長
1956年、静岡市生まれ。1981年秋田大学医学部卒業。同年浜松医科大学第二外科入局。以後、浜松医科大学病院、清水市立病院(現静岡市立清水病院)などを経て、1994年より東芝病院(東京都品川区)勤務。2008年現在、外科医長、腫瘍科部長、地域連携室長。専門は消化器外科。とくにがん医療に力を注いでいる。日本外科学会指導医。日本消化器外科学会指導医。診療のかたわら、エッセイを書き、絵を描くことを楽しみにしており、本書が初の著作である。

目次

第1章 外科医という仕事
ムンテラ
術後、外科医は・・・・・・
外科と末期がん医療
外科と緩和ケア
外科とがん化学療法 ほか

第2章 外科医のココロ
ケータイとポケベル
手術は芸術?
一期一会
通勤について
埴生の宿
半ドンの楽しみ
看護師諸君!
休み下手
学会前夜 ほか

第3章 外科医の日常
V・A・C・A・T・I・O・N
今日のネクタイどれにする
ディズニーランドから四十五分
失念
潰瘍という名の友人
試験マニア
良性と悪性
「ブラック・ジャック」効果 ほか

第4章 忘れられない患者さん

鬼手仏心
ある日、外来で
同級生
外科医の願懸け
桜日和 ほか




注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。
フリーダイヤル:0120-29-9625
携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711
電話受付:8:30〜19:30(土日・祝日は8:30〜18:30)
お申込み後、通常7日前後でお届けします。