健康なくらしを応援する法研の本

株式会社法研

書店様向けポップ・注文書をご用意しております

国立がん研究センター東病院の医師・管理栄養士と患者さんがつくった

がん患者さんのための国がん東病院レシピ

おいしいレシピ214品掲載!

著 大江裕一郎(国立がん研究センター東病院 副院長・呼吸器内科長)他

発行日:2013年9月26日

定価:本体2,000円+税

B5判 192ページ 4色刷

ISBN:978-4-87954-981-5

お気に入りのネット書店でこの本をチェックする

Amazon  楽天ブックス  セブンネットショッピング  e-hon  ブックサービス 

内容紹介

日本では、生涯のうちに2人に1人ががんになるとされ、現実に3人に1人ががんで亡くなっています。
がん患者さんにとって、治療効果を高め、がんと闘う体力を維持するためには「食事」はとても大切な要素です。

しかし、がん予防の食生活は多く研究されていますが、闘病中のがん患者さんの食生活に参考となるものは大変少ない、というのが現状です。
実際、多くのがん患者さんは、抗がん薬や放射線治療により、食欲不振や味覚変化、下痢・便秘、吐き気などの副作用の影響から食事が十分にとれず、体力低下や栄養不足に悩んでいます。

そこで、千葉県柏市の「国立がん研究センター東病院」では、副作用を抱えるがん患者さんの要望にきめ細かく対応し、そのなかで生まれた調理法やレシピを料理教室で患者さんたちに身につけてもらう試みを実践してきました。
本書では、その料理教室で実際に作って好評だった214品を紹介。
副作用についての解説や患者さんの悩みに答えるQ&Aなど、がん患者さんと家族のための「食事」情報を1冊にまとめました。


◆執筆者◆
大江裕一郎 (国立がん研究センター東病院 副院長・呼吸器内科長)
落合由美 (国立がん研究センター東病院栄養管理室長)
松丸 礼 (国立がん研究センター東病院 栄養管理室)

目次

PART 1 症状・体調別に選べるおすすめレシピ

食欲不振があるときに/吐き気・嘔吐があるときに/味覚変化があるときに/口内炎・食道炎があるときに/下痢・便秘があるときに/飲み込みにくい・噛みにくいときに

PART 2 元気の出るレシピバリエーション

家族と同じ料理をアレンジ/食が進まない時期の少量のお弁当/おなじみ野菜にひと工夫(トマト、なす、キャベツ、大根、じゃがいも)

PART 3 どんな症状が、なぜおこる

総論-どんな症状があるのでしょう-抗がん薬、放射線治療の副作用-/各論-食欲不振はなぜおこる? 吐き気・嘔吐は? 味覚変化は? 口内炎・食道炎は? 下痢・便秘は? 飲み込みにくい・噛みにくいのは? そのほかの症状と対策

その他、症状で選ぶレシピ表、Q&A、など

注文方法

法研の市販図書をご希望の際は お近くの書店またはネット書店でお買い求めください。

※ 代金引換をご希望の方は、[ブックサービス]をご利用ください。

フリーダイヤル:0120-29-9625

携帯他:0570-03-9625(ナビダイヤル)または:03-6739-0711

電話受付:8:30~19:30(土日・祝日は8:30~18:30)

お申込み後、通常7日前後でお届けします。